無料ブログはココログ

« 暖房について | トップページ | 12月の風景 »

2005/12/26

地吹雪

前回遭遇した吹雪と違い、雪の量は少なく見通しはきくが風がすごい。

今日の北海道地方は、ところによって台風並みの強風に見舞われているらしい。
美瑛も、夕べからかなりの積雪があった上の今日の風。
積もった雪が飛んで移動し、思いもよらず深いところがある。駐車場でスタックする車。
いつもは出払って2〜3台があるだけの駐車場が、今朝は満車だ。
やっぱり、こんな日は遅刻していいのかな?

家の旦那さんの会社は旭川。美瑛から20キロある。
このような場合、いつもより早めに出なくてはならないのだが、大事を取って遅れて出ることを勧めた。
(我が家の吹雪経験者は私だけですからね)
その前に二人掛かりで、雪かき。
思った程つらくはないが、またもや白さがじゃまして凹凸がよくわからない。
積もった場所にひざまですっぽり埋まったり、アイスバーンで滑って転んだり。
陸にあがったペンギンの様なよたよた振り。
そして、横から殴りつける微細な雪を浴び、一つ気がついたことがある。
「吹雪にメガネはNG」

« 暖房について | トップページ | 12月の風景 »

移住篇」カテゴリの記事

コメント

吹雪いてるんですね~。
メガネか、気がつかなかった。してないもんで・・。
20キロの通勤・・通勤圏内だよね。

20キロは、夏なら近いけれど、
冬は少し遠く感じるかも知れないですね。
北海道はこの所お天気悪いみたいですが、
実家の母曰く、お正月は晴れるらしいので、
もう少しの辛抱です。
一息つけますよ!

やはり美瑛は雪が多いですね。
「優しい時間」を思い出します。

らっしゃさん
そう思いますよね!20キロなんて近いのに〜。
ここへ引越す時、美瑛町役場の方にちょこっとこの話をしたところ怪訝な顔をされました。
珍しいんですね。他に1人知ってる。ということでしたが。

joさん
そうですか〜。多いんですか?
今日の吹雪は「年に1度か2度のすごい奴」とききました。
なんとかしのげたのが、ちょっと自信になりました。

お正月は、のんびりゆっくり過ごしたいと思います。
そういえば、北海道のお雑煮ってどんなものなんでしょうね?

私が子供の頃はおせち料理を作る家庭など稀でしたが、今では情報が行き届き、作る家もあるかもしれませんが、原則的に、北海道の庶民に「重箱のおせち料理」はないと思います。
歴史的に祖先は、貧困の出だからです。
でも、そんな我が実家にもお正月料理はあって、一つは「うま煮」(なるとの乱切りの入った越前炊きみたいなもの)とゆり根とクリの甘露煮の入った「茶碗蒸し」。
お雑煮は、大根とミツバさえ入っていれば良かったかな。
角餅の醤油味。昆布ダシでした。

オリジナルのお正月料理をあみ出しても、北海道なら、きっとOKよ♪

茶碗蒸しはお正月の定番らしいですね。
今日、ラジオでその話が出ました。「家は必ず食べた」「食べない」などと。
家でも作ってみようかなぁ。ユリネ入りの茶碗蒸し。

北海道へ来て、北海道が好きになりました。
軽くは口に出せないけれど、農家の皆さんの苦労もずっと遠い昔の移住者の大変な苦労も知り、言葉では表せない感情が生まれました。

基本的には、土地のものを食べる。というのがポリシーなのでこの時期は種類が少ないなぁ、どうしよう?というようなもんです。昔の人は偉いなぁとしみじみ思います。
冬の寒い時期に、工夫して数々の漬け物などが生まれたことでしょう。
どなかた保存食の作り方などを教えてくれないかなぁ。来年はチャレンジしたいなぁ。と思う今日この頃なのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129917/7832870

この記事へのトラックバック一覧です: 地吹雪:

« 暖房について | トップページ | 12月の風景 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31