無料ブログはココログ

« サダハルアオキパリ | トップページ | 表参道ヒルズ »

2006/03/02

ちょっとしたショック

その日の1週間ほど前、アパートの管理会社から「警報装置等の検査」があるというチラシをもらっていました。
廊下にある、非常ベルの検査だろうなぁ。とその日は朝遅く起き、旦那さんの弁当を作り、朝食を済ませ、さて掃除でもするか。
というところに
委託されたであろう検査員がすかさず入室、廊下のそれの作動確認をし、そのまま台所へ。
「へ?」
煙探知機らしき物体の作動確認、その後、リビングへ。
「へ??」
そのまま、「失礼します」と告げはすれど私の意とは別に仕事は続き寝室へ、
「へ????」
そして、「押し入れ開けます」と告げはすれど私の意とは別にたんたんと。
その後も、ずんずん部屋を移動し検査。
信じられない〜。

「半年ごとに同じ内容の検査をしますのでよろしく」
と去っていきました。
検査の内容を説明してから入室してほしい。
そんなんだったら拒否したかった・・・
慣れてないのが悪いのですか?
こんなことに驚いていてはいけないのですかね?
職場のシェフが嘆いていたのですがここでは、そういうこと多いのです。これは慣れることはないぞぅ・・・・

それに、我が家は今私がいるからいいんだけど。なんでこういう検査がウィークデーかな?
このアパートの人、ほとんど外で共稼ぎ。意味なくない?

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
人気blogランキングへ

« サダハルアオキパリ | トップページ | 表参道ヒルズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

移住篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129917/8862288

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとしたショック:

« サダハルアオキパリ | トップページ | 表参道ヒルズ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31