無料ブログはココログ

« 美瑛の9月は | トップページ | 旭岳の紅葉 »

2006/09/13

ミックスガソリン

電ノコや草刈り機はミックスガソリンなるもので動きます・・・ということをホームセンターで何となく知り、1リットル650円前後の缶入りを買い求め、譲り受けたそれらに使っています。
しかし、それは1回の草刈りも終えられないくらいの量なのです。
ミックスガソリンの正体はガソリンとその0.04%相当の焼き付き防止のオイルみたいなもの。
ガソリンを買い、オイルを混ぜればいいはず・・・その方がなんぼか安上がりです。
ガソリンってタンクでしか買えませんよね?
市販の専用オイルも適当に選んでも良いんでしょうか?
保管は?
普通、どうされてるんでしょう?

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

« 美瑛の9月は | トップページ | 旭岳の紅葉 »

移住篇」カテゴリの記事

コメント

ミックスガソリン・・・「混合油」ですね。
普通のガソリンスタンドに行って、「混合油ください」と言えば、持っていった
タンクに作って入れてくれますよ。
オイルもスタンドにあるものを適宜使ってくれるはずです。
草刈り機を持っていって、これに入れてくださいってのは
やったことが無いですが、ガソリンとオイルをその場で混合する必要があるので
リッター単位でないとオイルの量の計算などが大変でしょうね。
ということで、タンクは用意しましょう。
タンクが無ければ、空いたオイル缶などに入れてくれるとは思いますが。
混合比は草刈り機などの説明書に書いてある
はずですので、その数字を伝えてください。
一部の軽自動車やバイクなども混合油を使いますので
ガソリンスタンドでは慣れているはずです。

 いよいよ草刈機の活躍ですね。こちらでのの話は、そちらでは通じないかもしれないけれど、うちでは日本の灯油用のタンクとそっくりの赤いタンクでガソリンを買っています。普段は涼しくて暗い倉庫に保管してますよ。オイルを加える時は、こぼれやすいのでペットボトルなどに移していれた方がいいみたいです。前にも書いたけど、ナイロンの紐を使う場合は、ほんとに切れやすいので、リールから引き出す作業もちょっと厄介ですね。うちのはもともと2,5ミリの太さのものを使ってましたが、先日買いだしに行っていちばん近くて2,4ミリしかなくて、それを買ったのですが、エンジンの調子がなんかいつもと違うようです。必ず同じ太さの紐を買ったほうがいいですねー。
 小石や小枝が飛んでくるのを防御するめがね帽子はばっちりですか~。この間、私は草刈機を使っている相棒のかなり後方にいたのですが、振り返った瞬間に唇の辺りに小石の一撃を受けました。もう、絶対草刈機の後方では作業しないぞ!

木こりさん、echaloteさん
こんにちは。
いつも貴重な情報ありがとうございます。
自分でミックスしたい気もするけど、大雑把な私のこと・・・きっと使うよりこぼす方が多くなってしまいそう。
とりあえず、タンクを買ってGSに行ってみます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129917/11870185

この記事へのトラックバック一覧です: ミックスガソリン:

« 美瑛の9月は | トップページ | 旭岳の紅葉 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31