無料ブログはココログ

« 旦那さんの1周年 | トップページ | 天高く夫肥ゆる秋 »

2006/10/02

測量、探検隊。

先月のこと、旭川のとある業者から1通の手紙が舞い込みました。
不審に思って封を開けると、今や私たちのものとなった土地に隣接する土地を持つ方からの依頼で測量をするという会社から立ち会いの依頼でした。
へー。勝手に測量できないんだ。と納得し、先週末行ってきました。

時間通りに自宅前に集合した後、早速そこから歩くこと数分、先に打っておいた「ぼっこ」を見つけに山に分け入りました。
ほどなく確認、「A地点」。そして目印の鉄製の杭を打ち込みます。
次に、元の位置に戻り車に乗り換えてその上のお隣さん宅前に車を置き、あいさつもそこそこに長靴に履き替え、ちょっときつめの斜面である牧場の脇を抜け、測量時、業者さんによって切り開かれた切り株も青々とした細道を進み山の中・・・「B地点」へ。
スズメバチの巣、あり。白樺、ハマナス、やけに太い蔓の植物、柳、沢、なんでもあり・・・まさに探検隊というにふさわしい一行となりました。また、杭を打ち込むとルートを折り返し、車に乗り反対側の「C地点」へ。C地点とA地点は一直線上にあります。お隣さんとの境界の基点となる地点です。
そして、私たちの土地の三角形の底辺となるA地点〜C地点。点ははっきりしましたが、木々に阻まれ、線を知るすべは今のところありません。
一通りの説明の後、立ち会いのサインと捺印を済ませると90分かかっていました。

確認するだけでも結構な運動でした。
都会の測量と違い、あの場所は大変だったでしょうね?
軽い登山です。
全部で25カ所、「ぼっこ」を打った、お隣さんの土地は広大であった。自分は経験があるから、ある程度勘を働かせて、仕事をスムーズに進めることができるのだ。とは、お疲れ気味の業者さんの弁です。

我が家も調べてもらおう。と旦那さんはいいますが・・・三角形のあとの2辺プラス離れ島は道路と隣接してるんですよねぇ。
なんで?
いいじゃん。そのままで。
全て調べるのに数十万円かかるんですよっ。
人のことを頑固呼ばわりする彼ですが、あっちも相当。
またしても、もめ事。発生してます。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

« 旦那さんの1周年 | トップページ | 天高く夫肥ゆる秋 »

移住篇」カテゴリの記事

コメント

実害が無ければ測量しなくても良いように思いますよ。
ご近所と境界のことで揉めているのなら話は別ですが。
でも、山の中の境界確認は大変ですよね。私も何度か経験しました。
一番大変だったのは、数百ヘクタールの山林の中ほどの
地番図の図上で分譲された分譲地の位置確認(^^;
悪徳業者に騙された東京の方が自分の土地を確認したいと・・・

立ち会って、自分の敷地を縮めてないですか?だいじょうぶ?
敷地大きいから関係ないのかな。
都会はたいへんだもんね。歩くのは短いけど(笑)

立ち会っても、それがあっているかどうか
私達にはわからない。。

土地を買った時、登記の図面とかありました?
普通改めて、測量することはないけど。
北海道の場合はどうなんだろう?

木こりさん
木こりさん、測量されてる方なんですか?
先日の業者さんもおっしゃっていました。
悪徳業者っているんですね・・・

らっしゃさん
広めました・・・
あれって、人の感覚にも左右されるそうですね。
性能のいい天体を使った測量器なんかがあれば、いいんでしょうか??

capoさん
家の敷地は、測量されてません。
登記簿があれば問題ないので私たちは放ったらかしでしたけど、お隣さんが土地を切り売り売買するにあたって、きちんとした書類が必要になったらしく業者にお願いしたようです。ラッキー・・・
敷地が広がってちょっぴり得した気分です。
自分で調べるとすごい費用ですもんね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129917/12127273

この記事へのトラックバック一覧です: 測量、探検隊。:

« 旦那さんの1周年 | トップページ | 天高く夫肥ゆる秋 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31