無料ブログはココログ

« 短い病床の記 | トップページ | 牡蠣! »

2006/11/28

全快とはいかないまでも

家に戻り昨日まで、半日は横になっているような状態。
安静にしていろって。どういう状態?
過去、友人もこのプチ問題に悩んでいたと告白されたっけ。
辞書を調べると、「病気などを療養するために、心身を休めて静かにしていること」大辞林 第二版 (三省堂)とある。心も身体も休めないと安静にはならないわけだ。

というと、この3日、私はちっとも安静にしていなかったことになる。毎日、家族にののしられ・・・
(何故、OSXにしたのかだぁ?・・・一体、何年の間、この話を蒸し返すのだろうね)
このまま、普段通りの生活に突入だ〜!

今回、不謹慎ながら、面白みのない手術が終わって、ちょっとしたおまけがついた。
取り去った組織が検体に・・・。やっぱりするのね。
来月また診察が待っている。ああ、今週はずっと雪。スタッドレスを新しいものと替えておけば良かった。
ここから病院までの道には、よーくすべる橋がある。
その診察日は、占いで「ケガや事故に厳重注意」なのだ。

・・・気づかなかったけれど、随分と気弱になったものだ。

しかし、今日私は、パジャマを畳みます!(^^)/

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

« 短い病床の記 | トップページ | 牡蠣! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
とりあえず手術お疲れ様でした。
ある程度落ち着くまでくれぐれも慎重に。
何にせよ体の中をいぢるということは大変なことですから。

 イライラと無理は禁物ですよ~。しばらくは肉体労働はほっといて、ボサノバなど聞きながら、お菓子のことなど考えて、ゆっくりしなくちゃ!でも、そうもいかないのかな。

「静養とはなんぞや」って辞書なんかで調べちゃうところ私とそっくりです。検体のために、自分で検査機関に運ばないだけでも私のこの田舎よりはマシと思って、のんびりしてください(意味不明ですね)。

その診察日は、先にどこかで滑っておけば大丈夫ですよ。ってどこで滑りましょう。おちゃらけっぱなしですいませ~ん。とにかく大事にしてくださいね。

無事のご帰宅おめでとう。
よかった。よかった。

滋養のつくもの食べて、起き上がるのだ!

木こりさん
こんにちは。どうもありがとうございます。
わずかでも身体を使わなくなると、なまるもんですね・・・
今日から、リハビリです。

echaloteさん
なんで、イライラしちゃうんでしょうね〜。
冬は家でのんびりしたくなりますけど、今年は仕事です・・・ああ、このまま休みたい〜。

capoさん
どうも、ご心配おかけしまして・・・
滋養のつくもの食べました〜。
わずかな期間に、すっかり筋力が落ちてます。
鍛えなくっちゃ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129917/12848288

この記事へのトラックバック一覧です: 全快とはいかないまでも:

« 短い病床の記 | トップページ | 牡蠣! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31