無料ブログはココログ

« 防寒対策を忘れずに | トップページ | 自己満足 »

2007/01/18

孤独な死

子供の頃、兄弟の様にして過ごした私の従兄弟は、都心の某医科大学病院で研究員をしていました。
昨夜、彼が「行方不明」だという連絡を母から受け疑問を抱きつつも心配していたところ、病院内で倒れるも発見が遅れ、帰らぬ人となったと聞きました。どういうことなのか?

残念で仕方がありません。
仕事場で、しかも病院でこんなことがあっていいんでしょうか・・・
誰にも気づいてもらえなかったとは、あまりにも悲しい・・・

叔父や叔母のことを思うと堪らない気持ちになります。
そして、まだ若かった彼に明るい未来は永遠にやっては来ません。

この死から私たち親族の心が解き放たれることはない様に感じます。
こんな孤独な死ってあるんでしょうか?

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

« 防寒対策を忘れずに | トップページ | 自己満足 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

bieiさん、従兄弟の方のご冥福を心からお祈りいたします。
でも、bieiさん自身、まだこの出来事が信じられない状態でしょうね。病院内のどこで倒れられたんでしょう。
年齢が上がってくると、いろんな死に出会うけれど、身近な人が急に逝ってしまうというのは、悲しいと言う気持を通り越してしまいますね。従兄弟の方が、最期、少しでも安らかな気持ちを持てていたらいいのだけれど、という思いで私もいっぱいになりました。

echaloteさん
この記事、下書きにしているつもりがアップしてしまいました。
でも、自分一人で考え込むよりよかったかもしれませんね。
あれからじわじわと何かが迫ってきている感じです。
お言葉大変ありがたく感じました。
いつもありがとうございます。

遠いところに住んでいるせいもあってか、状況が伝わってきません。
こちらから問うこともできず・・・

ご冥福をお祈りいたします。

医療に携わる人が、医療の現場でひとりで助けを呼ぶことも出来ずに逝ってしまわれた事は残念で、ご家族も納得できずにいるのでしょうね。
悲しいです。

病院だから安全ということはありません。
祖母は入院中に大腿骨骨折をして歩くことがむずかしくなりましたが、いつどこで倒れたかさえ、病院ではわからない始末です。

遠くて情報が入ってこず、ご家族のお顔もみれないと余計心配が募りますね。
心配のあまり、体をおかしくしてしまわないように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129917/13560021

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独な死:

« 防寒対策を忘れずに | トップページ | 自己満足 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31