無料ブログはココログ

« 牧草ロール生まれる | トップページ | 蜂観察と対策 »

2007/06/19

奴の同僚から園芸相談

・・・がある。といいます。
誰に?
・・・私の夫、旦那に。です。
我が家では、笑い話になってます。だってネぇ・・・

草苅りは、ツーサイクルエンジンの肩からかけて使う草苅機を駆使できなければならず私はその運転(?)を禁じらています。かなりの反動があるらしく、私には無理というのがその理由です。(残念・・・、でも本当に無理?)
ということで担当は奴。
家の回りには、白樺の若木がかなり生えています。「これを移植して育てたらよいね」と話しているのですが、奴は判別できず、がんがん切り倒していきます・・・(白樺の若木の肌は茶色ですが、葉っぱの形を見れば一目瞭然)山桜も胡桃も切り倒します。
先日は、フォックスグローブを開花直前に切り倒しました・・・

かといって草むしりを手伝ってもらうと
「ジャガイモとジャガイモの間に、ジャガイモそっくりの草が生えてたから抜いといたよ」
と、恐ろしいことをいいます。
慌てて見に行くと思った通り、抜かれて萎れたジャガイモの芽が・・・(;;)
アスパラの芽を踏むわ、トマトの花芽を脇芽といって摘むわ・・・益虫は抹殺するわ・・・

田舎に住んでるからって、銭金貧乏さんの様に万能選手って訳じゃないですよー。彼は特にネ。虫も植物も全然知りません。雨に濡れると、ぼやきます。ちょっと働くと、疲れたと愚痴をこぼします。水分の摂り方が下手で熱中症になりかけます。自分で都会派といってます。(異論ありますよ)
それでも、少しづつ学習しています。失敗から学んでいる?(上から目線??・・・だって、先生は私ですから)
もうしばらくの辛抱。がんばって早く覚えてネ〜!

・・・ちなみに、奴は草苅は嫌いらしいです。1週間疲れが残るから。草苅は1日3セット(注油)が限度らしいです。
限界までやるからじゃないか?

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

« 牧草ロール生まれる | トップページ | 蜂観察と対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なかなか大変そうですね(^^;
草刈り機は潅木を切らないのであれば反動はほとんどありませんよ。
毎年刈っている場所なら大丈夫だとは思いますが・・・
ただ、腰にきますので注意してください。

あははっ、私は草刈マシーンを先月初めて使ってみました。15分以上連続でやらないほうがいいみたいですね。でもやりだすとガンガンいけいけで、燃料切れまで働いちゃいます。
その後体がしばらく痺れるんですね。

八ヶ岳でも憎たらしい草ばかり伸びて肝心のは見えなくなってきてしまって(汗)。
でもほどほどにしないと疲れるものね。2週間後に来たときにまた元通り(笑)になっているからねと言い聞かせ、完璧主義は捨てました。←想定どおりなっていました。

確かに白樺の若い木は白くないです。白鳥みたい!?

ところで隣の家のルバーブとうちの、どうして倍以上も成長が違うのかしら???
栄養のせいですか、先生? 

木こりさん
去年は、直径3cmくらいある柳なんかもあったので余計辛かったのかな・・・?今年はいくらか楽になったはずですが。
そんな場所を試しにやってみますね。

okaokaさん
八ヶ岳も夏はそれなりに暑いですものね。きっとこちらと雑草の生え方は同じでしょうね。

私もやらなきゃいけませんね。こっそり使っちゃおう。
家族は4時間ほとんど続けてやってます。これが間違いですね?
でもまだまだ未開拓地域が・・・ボランティア募集しようかしら・・・。

ルバーブは、かなり施肥した方がよいのですよね。
堆肥だったら1株につきバケツ1/2杯〜1杯くらい(毎年、芽吹く前に行います)。
水も少ないと生育悪いし、暑い地域なら半日陰くらいの涼しいところの方が元気です。
見てみないと分かりませんが、倍以上の違いというとやっぱり肥料??
逆に隣家の肥料のバランスが悪くて窒素過多で大きくなってる場合もありますから・・・
間違いなく、ほどほどの水と、肥料をあげていれば心配なしです〜。

こんばんは。
そうですか、やっぱりルバーブには手をかけないといけないのですね!
ありがとう、、、次回からやってみます。
ちゃんと食べてあげたいし。

あとブラックマロウも背が伸びず咲きません。
これも肥料??

エストラゴンは3年目ですくすく増殖。意外に耐寒性ありなのですね。

okaokaさん
こんにちは。
ハーブに肥料はいらないと、思ってしまうんですよね。でも花が大きいものや茎が太くなるものは、水と肥料を普通の花や野菜の要領であげるといいです。
酸度が偏ってる場合もありますが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧草ロール生まれる | トップページ | 蜂観察と対策 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31