無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/27

北海道の海の幸・・・イカの塩辛

夜のフライトで北海道へ来る時、イカ漁の灯りが眩しかった・・・
海岸線も地図通り、津軽半島と函館はこんなに近い・・・衛生からでも捉えられるという無数の小さな灯りに驚いたっけ。

美瑛でも、新鮮なイカは手に入りますよ!
そんな時は、いつも沢山作ってしまいます。
なぜなら、飲兵衛だから・・・

Ika

携帯写真ですみません


材料
イカ 2杯
塩 適宜
酒 50cc
味醂 50cc

作り方
肝の下ごしらえ
1.イカの胴の内側に指を入れてくっついている部分と軟骨をはがし、静かに足とワタを一緒に引き出す。
2.足とワタは、目の上で切り、ワタに付いている墨袋、他の内蔵を丁寧にはがして肝の部分だけにする。
3.肝に塩をたっぷりとまぶし、キッチンペーパーに包んで20分くらい置く。水気が出たらさらに白くなるくらい塩をまぶして新しいキッチンペーパーを2〜3重にする。
4.3をラップし冷蔵庫で一晩置く。

イカの下ごしらえ
1.エンペラの部分を下に向かってはがす。
2.胴の中から先に向かって包丁を入れ切り開き、皮を先から剥いていく。
3.イカは洗わずにフキンなどできれいに拭い取る。
4.バットなどに酒、味醂、塩大さじ1を入れて溶かしイカを漬け、ラップし冷蔵庫で一晩置く。

合え方
1.イカを取り出しキッチンペーパーで水気を完全に取り、そのまま20分くらい置く。
2.胴を輪になっていた方に平行に、食べ易い長さになる様に2~3分割くらいにする。
3.2を好みの太さになる様に、細作りにする。
4.肝の皮をはがし、中身をボウルに移して指で潰す。皮やスジは取り除き、3を加え混ぜる。
5.保存瓶に移して、冷蔵庫で保存し一日に1回かき混ぜる。
6.出来上がり。3日目くらいから食べ頃。

tip
イカは新鮮で匂わないものを使う、また、皮をはぐと水分を吸い易いので、なるべく洗わない。手早く調理する。
残った足と墨、醤油、バター、山椒で炒めるとおいしい。
味醂が不味いと本当に美味しくない。これだけは、良いものを使う。
酒を全て味醂に換えてもよいし、味醂がなければ、全て酒に換える。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ


2007/07/26

夏の収穫はじまりました

毎日暑いです。
美瑛は、内陸にあるため夏は、普通に暑いです。東京より暑いです。湿度は低いですけどね。夜は涼しいですけどね。

最近、やっとかがめる様になり畑仕事も少しづつですがはじめました。
草取り、エンドウ豆の誘因など・・・
気にはなってたんですが、よくよく見ると大豆はウサギに食べられてました・・・
葉っぱがおいしいんですね。

エシャロットは、春に植えたのにこの時期十分に大きくなってました。
花を咲かせて、種を得ようかな。と数本残しての収穫です。
莢エンドウもようやく収穫はじめてます。今年はのんびりしてしまいましたから・・・
ソラマメは、降雨がほとんどなかったのとバッタの食害か?不作です。多分、莢の中には2粒あるかないか・・・
来年に期待しましょう。

トマトは、大きくなってきました。まだまだ緑ですけど。
パプリカは花をつけはじめたばかり、カボチャもまだまだ大きめのトマト大というところです。

ラズベリーの収穫もしはじめました。これはだけは、良さそうですよ。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2007/07/23

壁塗材

リフォームも佳境に入って参りました。
いよいよ、私たちが働かねばならないということです。
まずは、滞っていた珪藻土の塗り壁材の選定をしなければなりません。
数年前から情報は収集していたものの、色、質、価格や塗り易さ、入手ルートなどから行き詰まっていたのです。
そんな折り、旭川の前田理工スタイルプラスで珪藻土の勉強会があるということで参加して来ました。
内容は、材質の説明と混ぜ方から塗り方の実習と相談。
塗り方、手順などは、DIYコーナーなどで既に承知していましたが色、臭気、塗り心地などを体感することで、なんとなく遣れそうだなと納得しました。
壁を塗るといっても、塗る材質によって大変な様ですね。(こちらでは、自分で壁を仕上げる方が多い様でお話を伺う機会に恵まれてます)
プロ用のものには決して手を出さないことがよい様です。
私たちも、設計士さんからアドバイスされていることですが、天井も珪藻土で仕上げた経験者さんからは、「ペンキにすればよかった」と後悔談。思う以上に大変な様ですね。

さてこの前田理工さん、リフォーム全般やペンキ、外壁、内装材から薪ストーブ、薪などの物販もされてるようで、なにかと相談にのっていただけそうです。
ここのお勧めは、フジワラ科学株式会社のシルタッチSR(旭川在住の、一般的な既存の壁の上に塗ることが可能ということで)。これは調湿に優れ、石膏ボードなら、下地材なしファイバーテープだけで塗ることができるんだそうです。(メーカー指定では、専用下塗材使用の必要あり)
この他、プラスター高野さんの稚内の珪藻土を使った天然素材の珪藻土コンパウンドなど検討していました。これは、材質的にはとてもよいようなので是非使いたいのですが・・・天然素材なだけに色は乳白色の一色のみ。
リフォームに際して、壁は白と決めて他を進めている為、断念せねばなりません。価格も一番低く、繰り返し使えるというところも捨て難いのですが・・・(これも石膏ボードなら、下塗材いらないそうです)

この後の2週間で、段取りしていかなくてはなりません。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2007/07/17

今日の赤麦

久しぶりに車の運転しました。
明日から、職場復帰しますが運転して鈍痛・・・スピードは程々にね!

もうすぐ刈り取り。赤く染まる麦畑を捉えることはできるかな?

Kicx4724

この2分後が下の写真。

Kicx4738

刻々と変わりますよ・・・

Kicx4743

上の写真と下の写真の時間差はわずか5分。
この後増々赤くなる予定でしたがこの後、太陽は雲の向こうに隠れてしまいました。

夕日を狙うなら、6時30分くらいからスタンバイしてみてくださいね。


ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

赤麦と普通の小麦

雨が降らず、あいにくなんですが麦は色づいています。今日はもうすぐ刈り入れの2ツの麦の穂の色比べをしてみましょう。
赤麦の畑は間近まで入ることができるのですよ・・・。


Kicx4667

まずは、普通の小麦です。


Kicx4662

赤麦はこんな色。

これらは晴れた午後に撮った写真なので、植物が枯れている色に見えるかもしれませんね。
でもこの2種の違いははっきりと出てますね。
雲の多い夕方、夕日になった頃に雲の間から差し込む光で麦畑が部分的に金や赤に輝くんです。それがとてもきれいです。1日見ていて飽きないものですが・・・皆さんはどうでしょう?

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2007/07/16

オオゾウムシ

どこにでもいると思いますけど・・・

Kicx4686

小さいゾウムシはかわいいけど、これは大き過ぎ・・・体長3cmというところでしょうか。あんまりかわいくないなぁ。
現在リフォーム中の我が家に忍び込んでいたので外に出ていただきました。
直接手で掴むと、掴み返された時に離れなくなるので木っ端にしがみついてもらいます。本当に動きが鈍いので季節を疑いますよね。
卵、生まないでね・・・

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2007/07/11

今の様子・・・

昨日の予告通り、久しぶりに外出しましたが日はとっぷりと暮れる7時過ぎ。生憎の曇り空でした。
というわけで写真は撮れなかったのですが、小麦はもう少しかな?今週末から来週にかけてかなぁ・・・という感じでした。

我が家のラベンダーの数種は刈り入れ時です。
美瑛は雪がよく積もる為か、耐寒性が強くない種類も冬を越せました。(雪が融けた後の1ヶ月くらいの冷え込みに注意)夏は暑いので、グロッソ、プロバンスなどのラバンディン系もよく育つ様です。

そして、やっぱり家族はやってくれました・・・チョウチョも育っていた、今年種が採れるはずのアンジェリカをバッサリ。これも種が採れる間近のルバーブをバッサリ。不思議なことに、他の雑草には目もくれずこれらを切り倒すには何か目的が・・・??ある意味、すごいです。今までの年月はなんだったんだろう(これらの植物を10年は、一緒に育てているつもりでいたのは私だけ?)・・・不思議です。

しかし、本当に今年はちっとも雨が降ってくれません。昨年、「北海道にも梅雨がやって来るのか?」というくらい降った雨は影もありません・・・
そういった訳で、野菜の生育がよくありません。農家の方も、小豆はダメだろう。とおっしゃっていました。
我が家も、放ったらかしですから、豆類は心配ですね・・・
ジャガイモは、端から見るとよさそうですが・・・二重星など虫も付かないのが不思議なくらいいい感じです。

そう、今年はビニールマルチは止めました。処分に困るんですよねぇ、見た目も悪いし。
そのせいもあって、カボチャも昨年ほどはよくありません。
ハウス内に植えたズッキーニはよさそうです。
トマト、パプリカには、水を与えていないらしく成長は芳しくありません。
花は沢山つけていますから、成るには成るんでしょう。
きゅうりは、春にバッタにやられてなくなってしまったのですが(その後のバッタ捕獲作戦に因り、被害は少なくなりました。集団行動を起こさなくなったのがその理由です。一定の数を超えると狂気が生まれるんですね・・・肌で感じました)、種を蒔きやっと10cmくらいに育ったところ。短い夏で育つかどうか?

ラズベリーも1つ2つと、赤くなりました。

ブロッコリーや数種の花の苗も育っていますが、植えられるかどうか・・・??
ニンニクの収穫はいつになるか・・・??

それにしても放ったらかしで、雑草の生い茂る屋敷となってしまいました。野趣といえばいえなくもないけれど・・・源氏物語の末摘花の屋敷はこんな?そんな感じです。これから後、1〜2週間は作業できないと思われます・・・本当に残念ですねぇ。


ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

この辺で人気上昇中のエリアです

現在放映中の「牛に願いを」ご覧になってますか?
舞台は架空の町ですが、ロケ地は旭川と美瑛です。以前、私がこのブログで「恋している」と告白した辺りでもあります。どうですか?素晴らしいでしょう?自慢に思っていいでしょう?ドラマは酪農家やそれを目指す若者達のお話らしいです。エキストラで知人がオーディションに参加したということもあって応援している訳です。残念ながら、役は貰えなかった様ですが・・・玉鉄似の美人の奥さんなのですけどね・・・

テレビはもっぱら観ずに、テレビブロスを愛読するだけの人間ですが今後の動向を気にしていきたいです・・・

ではまた。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2007/07/10

明日

いい季節です。
朝晩は寒いです。今朝は12〜13度だったらしいです。
こちらへお越の際は、薄手のジャケットは忘れずにどうぞ。
それと、7月1日から旭川空港の駐車場が有料となりました。

明日、家族が車で通いの我が家へ連れて行ってくれます。
退院以来初めての、外!
実はここは2階なので1階の玄関にさえ行けません。情けない。
刈り入れ間近だった麦。紫に膨らんだラベンダー。
家はどうなっているでしょう?
久しぶりに写真、撮ってきますね。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

ごぶさたしています。
退院してからの方が具合が悪く、温泉にでも行くつもりが車にも乗れず・・・

この間にも、夏は去っていくのか。
今年は、辛抱の年だったっけ。
数少ない美瑛の友人もここを去るというし。

遠く離れた友たちも、去っていったり、もがいたり苦しんだり、嘆いたり、悲しんだり、元気になったり、微笑んだり、浮かれたり。空から見れば何も見えない所で確実に生きている私たち。
どんなことがあろうとも平等に、誰の上にも太陽は昇るし、星は降る。
社会は平等じゃないかもしれないけど、生きることに不平等はない。意味のないことは何もない。
頑張ってもいい、へこたれてもいいじゃないか。

大好きな家族、友たちへエールを贈りたいのだ。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2007/07/07

やっぱり悲しい

私が入院中、我が家族は一人、庭の草刈りに精を出したというので退院したその足で確認。
涙なしでは見られません。2年越しで育てたエルダー、レディースマントル、エキナセア、ダブルフラワーカモミール、ラベンダー、行者ニンニク、ヤマワサビが根こそぎ・・・
そのわりに豆は絡まり、草ボウボウ。
うれしいこともあります。ハスカップがたわわに実り、ラベンダー、アヤメが咲き誇っています。
トマト、ジャガイモ、カボチャは順調そうに見えます。
ですが、しばらく何もできません。まだまだ、何かあるのでしょうね。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

ありがとうございます

たくさんの励まし、応援、お見舞いのメール、メッセージありがとうございます。
心細い入院生活を明るくおくられました。
お陰様で、やっと退院したのです。
と、いうものの退院して半日、早くも痛みに悩まされています。ありとあらゆる所作が難しい〜。
2週間寝たきりだったから、痛みが和らいだ様に感じただけでした。再来週の仕事復帰、怪しい気配。
来週も、家事、外出は無理そうです。このいい季節に・・・既に、なんだか浦島太郎の如く・・・風景もニュースも見慣れないものとなっています。


ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2007/07/02

明かされないかもしれない真実を求めて

同室の婦人は、私を先週の前半には「おたく」、後半には「おくさん」と呼び、今に至る。
水曜日の我が「夫」の見舞いがその境となる訳だ。
さて、このお二人、88歳と86歳。
Aさんは血縁関係のないBさんを「おばさん」と呼ぶのに対し、Bさんは若干歳下のAさんを「ばあさん」と呼ぶのは、なんでだろう。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31