無料ブログはココログ

« 温室のラベンダー | トップページ | 久々に本日の美瑛 »

2008/03/10

社日

春だー。
昨日は、ついに、何ヶ月か振りにストーブを消しました!
そして、日暮れ前、窓から見えるカエデの木にエナガの群れが来ました!
道路の雪も、だんだん減ってます。

そんな日、社日という春の豊穣を願っての地鎮祭が町内会の社で執り行われました。
社日(しゃにち)、ご存知でした??

春は春分に近い戊の日に豊穣を願い、秋は秋分に近い戊の日に収穫を感謝して年に2回、その土地の守護する神様を祀るのです。
春のその日、まずは、丘の上のお社までの階段を除雪。道が開かれると餅、酒、水、魚、野菜、果物、塩、米をお供えします。除雪して広くとられた、空間は木々に囲まれ、小鳥がさえずる清々しい場所です。春の暖かい陽光を浴びまぶしい白い丘が木々の間からのぞき、なにか厳かな異空間。私たちが並ぶと、美瑛神社の神主さんが、横笛を吹きまして儀式は始まります。音楽的な祈願の響きはいつ聞いても美しいですね。土地、そして私たちをお祓いをし、最後は、また笛の音の中、きちんとお祓いしたおんこの枝を町内の人々が一人づつ捧げます。
丘の上なので、わずかに風は渡りましたが、こんなに穏やかなことははじめて。という程の日でした。
騒いでいた子供たちも、静かに礼儀正しくなる社日。幼な心にもそれが大事な日だということが、分かるのですね。それに加えて除雪を手伝ったりして、とてもかわいらしいものです。

そしてお供えした餅は、その後各家庭分に切り分けられ、お神酒を皆で分けて乾杯します。
社日の後、皆で、昼食をいただきました。
もちろん(??)、ジンギスカンです!

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

ご協力ありがとうございます。

« 温室のラベンダー | トップページ | 久々に本日の美瑛 »

移住篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 温室のラベンダー | トップページ | 久々に本日の美瑛 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31