無料ブログはココログ

« 雪のち鹿 | トップページ | 雪よ、丘よ。 »

2010/04/08

ハウスのビニール貼り、概要、など

お店の定休日が、火曜日、水曜日。
旦那の会社の休みが、土曜日、日曜日。
ということで、休みが全く合わない夫婦です。

それがため、昨年は家族揃っての旅行ゼロ、ドライブすら1度でした。
それについて不満はないものの、二人揃っていないとできない農作業などの日程が組めなかったことには、多いに反省しています。

今年は、また忙しくなりそうですが、とりあえず、最初の1歩を踏み出しておかなければ始まりさえもない!
ということで・・・・
ハウスのビニールを張るため・・・
旦那が、一昨日の火曜日、水曜日と有給を取りました。

一昨年に新調した上部のビニールは2次使用することにし、今年使うと4年目となる腰下のビニールは新しくすることにしました。

週末、旦那がハウスの回りと内側の一部の除雪をやってくれていたので、この日の最初の仕事は、ビニールを長さ22mにカットすることから。
それを2枚切るのが、二人がかり・・・・
一人でもできるのですが、二人いた方が早いし、うまくいきますね!

私たちは、1mの長さに調節した棒を使って、ぶら下げてある筒巻ビニールからビニールを引き出しながら、計りカットします。

それを腰から下部分に、パッカーを使って張っていきます。
それを終えると、ビニールを固定するために使う、黒いバンドを用意します。
柔軟性があるビニール製の帯状の紐の中に、耐久性を持たせるために細い繊維状のナイロンが入っています。ロールで売られているこれを使用する長さに切って使います。
(どれも始めから納屋にあったので、名前は知りません〜〜)

バンドを用意して、まずは、つなぎ留めるバーに、(我が家では30本)くくり付けていきます。
その後、短い辺を巻き、ところどころを縄でくくった長さ20mのビニールを二人で運び、外側から中央をハウスのてっぺんにくくり、中央から両端に向かってハウスの上に乗せていきます。

次は、予め用意したハウスの奥行(我が家は18m)分以上の長さに切ったロープに、バンドの固定していない方を等間隔(我が家では60cm)に軽く結んでハウスの片側に置きます。

ハウスに乗せたビニールは、くくった縄を解き、開帳〜。ハウス内から、上を向いて、手で開いていきます。
センターラインを合わせて、整え、風が吹いて来ても、飛ばない様に、数カ所を仮止めします。

そして、ハウスの両側に二人立ち、ロープを持って、バンドがハウスの上面に並ぶ様に反対側まで運びます。
その後は、ロープからバンドを解いて、バンドを固定するバーに結わいて、側面は出来上がり〜!

作業を終わると、雨が降って来ました。グッドタイミングでした〜。

出入り口のドアのビニール張りを残して、終了!

途中、草取り、お昼お茶休憩を取りましたが、9時から15時半までかかりました。
ビニールを切ったり、バンドを用意したり、結んだりと結構細かい作業に時間がかかります!

今後は、雪融けを待ち、ハウス内が乾いたら、種蒔きやら苗作りやら、起耕やら・・・
を始めます。

今年はじめて、雪が残っている時期にハウスを張ったのですが、脚立も使わず、楽にできたので作業的には土の上で張るより、よかったです。

ただし、雪融け最中で、除雪した部分がぬかるみ、バンド、手袋、ビニールが汚れました。
ビニールの寿命も短くなってしまうかもしれませんね。

ハウスは、張るより、撤収の方が大変です・・
今年は、雪が降る前に終えたいです!

100408

古いビニールを使うと、遮光率が高くなってしまいます・・・
その上、一昨日の夜から降った雪で、ビニールが伸び伸び・・・しわしわになってしまい、余計に遮光率が上がっていると思われます!

ブログランキングに参加中なのです

人気blogランキングへ

クリック、ありがとうございます!!

« 雪のち鹿 | トップページ | 雪よ、丘よ。 »

北の家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪のち鹿 | トップページ | 雪よ、丘よ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31