無料ブログはココログ

2008/11/28

ショコラー

このブログでも、何度かご登場のお菓子研究とその紹介などなどをしている友人からフランス、ドイツ土産・・・・
早速開けると、食べてみたかったお菓子、手作りのコンフィチュールに混ざって!!
かわいいストラップ・・・これって?

なんと。というか、必然なのか・・・
我が家の、鍋敷きと同じデザイナーのストラップです!


08112802_2


08112801


わ〜〜い。なんだかうれしい。

子供みたいでしょ。

それが、お菓子やお菓子グッズには目がないのです・・・
女の人は、皆、そうだと思います・・・が。特に。

携帯へは、もったいなくて、付けられません。しばらくは眺めているだけかな。

彼女のブログで、そのお土産話などが繰り広げられるパーティーイベントの告知が。
お近くの方は、是非、ご参加ください。
たぶん、濃くて、おいしいサロン。私も行きたいなーっ。


<急遽、追記>
ん?
記事を読み返すと・・・もしかして、この写真・・・・掲載しない方がよかった・・・??


ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックお願いいたします。


人気blogランキングへ

ご協力ありがとうございます。

2007/02/08

柑橘類のコンフィ

胃を悪くして、甘いもの禁止中ですが季節的に今やらなくちゃならないことをやってます。
柑橘類のコンフィ作りです。
旬の時期に産地から直接ネットで大量購入。
主にオランジェット用に、どんどん仕込んでおきます。

作り方は、日向夏を例にとってみましょう・・・

材料
日向夏 2.5kg
双粗目 700g
水飴 400g
水 500cc

作り方
1.日向夏はよく洗い、水気を切って4ツ割りにし、実と皮に分ける。(実は、冷凍)
2.大きめの鍋に湯を沸かし、皮を中火で15分くらい煮る。煮上がったら、網にあげて水気を切り保温性の高い容器に入れておく。
3.別の鍋に、他の材料を全て入れ溶かし、沸騰させてシロップを作り、2に注ぎ蓋をして一昼夜おく。
4.翌日、鍋にまず3のシロップだけを移し沸騰させ、皮を入れ再び沸騰させ、容器に戻す。
5.4を1週間、繰り返す。
7.出来上がったら、密封容器にシロップごと保存する。

保温性の高い容器、壺などに入れることによって得られる、じんわり熱を下げていくという過程で、シロップが皮にしみ込んでいきます。一気に熱を加えて煮る作り方より、香りがよく残る様に感じます。
仕上がりの糖度が低いと、かびやすいので注意が必要ですが国産の柑橘類、且つ自家製であれば安全性も高く、おいしい・・・
保存は、冷蔵庫でします。


ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2006/03/03

表参道ヒルズ

丸の内に行く前、(参)ヒルズのJPエヴァンに行ってみました。小さなショップですが雰囲気は十分。壁は日本風に金箔を貼った様な仕上げが施され、店のカラー、青にマッチしてシックで新くてほどよい高級感があります。
表参道の人ごみのわりに(新宿店に比べて)並ばずに入れました。サロンがないのが残念です。
この日買ったのは、ロリポップ型の楽しいチョコ、シュクセの塩キャラメル味とパッション風味のガナッシュのマカロン。
札幌にも出店してほしいなぁ。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

ts320264001.JPG
ts320273.JPG
ts320262001002.JPG

2006/02/17

第1回 ショコラ講習会(?)

実は昨日、リクエストでショコラ講習会を催しました。(大げさです。私とNさんの2名だけなんですからねぇ)
チョコレートに興味を持っていただき、おだてられておこがましくも教えることとなりました。
ボンボンショコラの作り方と素材選び、コツなど語りつつ実演、また実習していただくというもの。
続くかどうかは分かりませんが、経験をお聞きし第1回目として型抜きボンボンショコラを作る講座としました。
用意した型は、カボス型とドーム型。
用意したチョコレートは、ガナッシュ用に2種とコーティング用に1種。
作ったものは、ショウガ風味のガナッシュのボンボン。

他のショコラも味わっていただきたくて、昨日作ったコーヒー風味のガナッシュを挟んだマカロンと先週作ったボンボンショコラ2種、パッションクリームのマカロンもおまけに用意しました。
チョコレートはどれも同じに感じるとおっしゃっていたNさんでしたが、比べて味わうと違いがはっきりと分かったそうです。
型からポンっとボンボンショコラが抜けて転がる様子が感動だったそうです。テンパリングのコツなども分かっていただけたので1回目としては成功だったと思いますが、脱線に次ぐ脱線で時間も大幅にオーバー。反省点です。

オリジナルルセットは以下
詳しく知りたい方は、次回ご参加ください(?)

クーベルチュール(ノアールとレ2種合わせて) 200g
生クリーム 175g
ショウガ 20g
水飴 20g
バター(無塩) 50g

コーティング用クーベルチュール 500g

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。1日1クリック。よろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ

2006/01/29

サロン・デュ・ショコラ 報告は最終日の後

サロン・デュ・ショコラも残すところ2日。土日は避けて、明日の最終日に臨みたいと思います。レポートは来週、お届けする予定です。

今日、行く予定の方は薄着、そしてなるべく手ぶらでどうぞ。暑くて、人が多くて、泣けてくることでしょう。ですが、今日のセミナーははずせませんよ。どうぞいってらっしゃいませ。

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2006/01/27

ドゥモーリ

こちらもサロン初登場。カカオ豆の栽培から製造まで一貫したこだわりのチョコメーカー。しっかりとした個性を感じることができます。ts320198.JPG

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

ショコラ・ エ・ カカオのカカオ豆のチョコ

今年初登場。カカオ豆がそのままセンターに入ったチョコは香ばしくてカリカリ。苦みも程よく、とてもおいしい。ts320200.JPG

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

ジュラのワイン

イルサンジェーさんは今年も持ってきてくれました。ジュラ地方のおいしいワイン、ヴァンジョンヌ。とろりと甘く、香しいワインです。ts320173.JPG

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

ヴァローナのディスプレイ

有名ショコラティエの愛用者が多い高い品質を保つチョコのメーカー。存在感あります。つぶつぶはカカオ豆。ts320197.JPG

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

アルマーニのチョコラチ

あのアパレルのアルマーニのチョコです。やっぱり高いですts320193.JPG

ブログランキングに参加しています。読んでいただけましたら以下をクリックしてください。
ご協力ありがとうございます。
人気blogランキングへ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31